• EN
  • JA

JP STARTUPSJP STARTUPS日本発スタートアップを紹介、応援するメディア

The web magazine that introduces and supports
Japanese startups

【インタビューまとめ】東洋経済「すごいベンチャー100」2022年版が公表

9月9日、東洋経済が今年も、未来のユニコーン(設立10年未満で、評価額10億ドル以上の未上場企業)なりえると見据える「すごいベンチャー100」を発表した。JP Startups(ジャパスタ)でも、これまで採り上げてきた企業が多数選出されている。

昨年のキーワードは「連続起業家」「Femtech」「大学連携」「コンピューティング(秘密計算・量子計算等)」「メディア・エンタメ」「営業」「業務管理・効率化」「コミュニケーション」であった。

今回の「注目業界」として、特集冒頭で「Web3」「ESG」「DX」「スポーツ」の4つが上げられた。売上が安定しやすいDX事業には上場意識も相まって引き続き注目集まる中、急速な市場拡大が見られるのは、やはりWeb3とESGであろう。量子コンピュータに集まっていた技術トレンドはBlockchain、XRといったWeb3に一気に傾倒した。NFTバブルも囁かれる中、ファンダムと相性の良いエンターテイメント分野で、ゲームやアニメなど、どのジャンルやIPとWeb3が組み合わさって残っていくか、各業界興味深く眺めている様相と思われる。また、ESGは企業のCO2排出量可視化といったエンタープライズ向けニーズを汲んで安定的な売上を確保しようとする動きがあり、時代の潮流を汲んだ先行プレイヤーを中心にトレンドができている状況だ。

東洋経済編集部・厳選7社

「すごいベンチャー」に選出された100社のうち、東洋経済編集部が厳選した7社が発表されているが、うち3社はJP Startups(ジャパスタ)でも創業ストーリーをお読みいただける。

【関連記事】アスエネ

社会を変えるビジネスを!脱炭素を追い風に2年足らずでシリーズBを達成したアスエネ西和田氏が目指す次世代によりよい世界

2020年10月の「脱炭素宣言」を機に、CO2削減・再生可能エネルギーがビジネスとして評価される時代が日本にもやって来た…

【関連記事】アダコテック

技術で産業の変革を起こす。検品を起点にモノづくりを進化させるアダコテックの挑戦

「モノづくりの進化と革新を支える」 穏やかな口調でスケールの大きな言葉を紡ぐ河邑 亮太(かわむら・りょうた)氏はこう語る…

【関連記事】YOUTRUST

日本のモメンタムを上げよ⸻信頼される人こそが報われるキャリアのインフラを目指すYOUTRUSTの挑戦

履歴書だけではない、自分の本当の魅力でもっと勝負したい。カルチャーの合うメンバーが多いところで、気持ちよく仕事をしたい。…

その他の「すごいベンチャー」インタビュー

その他にも7社が選定されている。すでに取材済みあるいは取材予定で未公開の先を含めると10%強がJP Startups(ジャパスタ)でも注目していた企業となる。

【関連記事】

ビジネスXRからメタバースプラットフォームへ、創業6年目の挑戦⸻株式会社Synamon 武樋 恒氏インタビュー

XRとは、仮想世界を用いた技術の総称で、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、MR(複合現実)といった技術すべてを指す。 …

【関連記事】

社会ニーズと創業者特性を活かしてたどり着いたCO2排出量可視化事業

「CO2が見えると、クリーンな未来が見えてくる」…… ”SDGs”や”ESG”という言葉は頻繁にメディアにも登場するよう…

【関連記事】

これが本当のダイバーシティだ!ジャングルX代表Panjaさんが想像の100億倍ぶっ飛んだ起業家だったハナシ

独特な世界観を持ちながら、スポーツベッティングに挑戦する起業家、Panja氏。アジアで唯一、イギリスのスポーツベッティン…

【関連記事】

あなたは、最初に触れたおもちゃを覚えているか 幼少期から多様な選択肢を示し、豊かな人格形成を目指すおもちゃサブスク「トイサブ!」の挑戦

あなたは、生まれて最初に目にし、触ったおもちゃを覚えているだろうか。それは家族が好きだったものかもしれないし、その時の流…

【関連記事】

音声こそ人の魅力を伝える最適ツール、熱狂が連鎖するコミュニティRadiotalkからプロのクリエイターを

通勤時間や家事、勉強の合間にTwitter、TikTok、Instagram、YouTubeといったプラットフォームを見…

【関連記事】

自身の原体験から描く理想の社会 – 学びたい全ての人へ再スタートのチャンスを

就職してしまうと、大人になると、学びをやめてしまう。子ども時代、学生時代に自分が好きだったことはなんだっただろう、あの頃…

【関連記事】

既定路線の外にいるものを肯定し、柔軟な発想で社会をアップデート 15歳で起業した山内氏が意思決定の際に大事にしていることとは

普段何気なく受け取っているレシート、それが何かの価値になるとしたら⸻そんな構想を実現したのが、2018年6月にリリースさ…

編集部コメント

JP Startups(ジャパスタ)で2022年に取材させていただいたスタートアップがずらり。来年からは、サステナビリティとFintechが組み合わさったグリーンフィンテックや、Web3技術淘汰の先にXRやDAOがフィーチャーされるのではと予想。DX・SaaSの盛り上がりは継続し、領域はより多様化、周辺サービスも充実していくであろう。今後もトレンドワードの変化に注目だ。

Ranking