JP STARTUPSJP STARTUPS日本発スタートアップを紹介、応援するメディア

The web magazine that introduces and supports Japanese startups

【1/26-2/1】注目のスタートアップニュース・資金調達情報

Share:

2024年1月26日から2024年2月1日に発表されたスタートアップニュース、資金調達情報のうち、JP Startups(ジャパスタ)が注目する案件をピックアップしてお届けいたします。

編集部コメント

今週は、JP Startups(ジャパスタ)でも取材を行っている4社(ugo、Mellow、iiba、PR Table)のニュースをピックアップ。応援しているスタートアップの躍進ニュースが見られるのは編集部としても嬉しい限り。そのほかはスマートロッカーのSPACERによるシリーズBを取り上げた。新型コロナウイルス流行前、東京オリンピック・パラリンピックを目前に全盛であったTravelTech(トラベルテック)の戻りを感じている。

イベント関連は3件をピックアップ。特に「JETRO Bootcamp in Osaka/Tokyo」は、Berkeley SkyDeck講師陣が参加と豪華。日程や費用面で渡航しての挑戦がなかなか難しい方にも参加しやすいプログラムになっており、ぜひチェックしてみてほしい。

スタートアップニュース

Dual Bridge Capital、新プロジェクト「Dual Bridge Studio」の1期生募集を開始(2024年2月1日発表)

Credit : 同社プレスリリース

ベンチャーキャピタルファンドを運営する株式会社Dual Bridge Capital(代表者:伊東駿、寺田修輔、株主: 伊東駿、寺田修輔、株式会社ミダスキャピタル)は、ゼロから新たなビジネスを創出するスタートアップスタジオプログラム「Dual Bridge Studio」を開始することを発表した。

Dual Bridge Studioは、従来のアクセラレーターと異なり、未来の起業を目指す人材に焦点を当てたプログラムになっている。起業家、経営者、ビジネスプロフェッショナル、テック人材、投資家が集まるミダスグループからの支援を通じて、さまざまな人材と経営上の知見・ネットワークを提供し、革新的なビジネスを生み出すことを目指す。

Dual Bridge Capitalの代表パートナーである伊東 駿氏と寺田 修輔氏は、VCファンド、投資銀行、上場企業CFO、PEファンドと異なる立場から一貫して投資・経営業務に従事し、創業期からPost IPOまでのスタートアップ企業、グロース企業に係る幅広い実務経験と支援実績を積んできた。また、ミダスキャピタルは、「世界に冠たる企業群を創る」というビジョンのもと、株式会社BuySell Technologiesや株式会社GENDAといった上場グロース企業やスタートアップ企業に対して経営株主として包括的な支援を実施し、時価総額合計約3,000億円の企業群を形成している。

プログラムへの応募時点での事業アイディアや起業経験の有無は一切問わず、代表パートナーである伊東氏と寺田氏がメンターとして伴走し、事業の構想段階から支援。創業から法人設立、事業案の検証までの全過程を12ヶ月でサポートする。元リリースはこちら

事前説明会 開催概要

  • 日時:2/13(火)18:00~19:00・2/27(火)19:00~20:00・3/4(月)19:00~20:00
  • 場所:オンライン
  • 主催:株式会社Dual Bridge Capital

プログラム 募集要項

  • 対象者
    ・会社設立前であり、採択後、起業・会社設立の意思がある方
    ・「世代や産業を代表する会社を創りたい」という意思を強くお持ちの方
  • スケジュール
    ・募集期間:2024年2月1日~3月29日
    ・選考期間:2024年2月1日から順次選考
    ・入居時期:2024年2月〜2024年3月31日
  • 参加対象者
    ・未登記、事業アイデアはなくても大歓迎
    ・事業をピボットして新たな事業アイデアを検討したい方も大歓迎
    ・事業アイデアが確定次第、DBCと共同で創業(会社設立済みの場合はDBCからの出資)
    ・約12ヶ月間のプログラムに参加できること
  • 申し込み特設サイトの「事前説明会に参加」または「Entry」をクリック

MBA人材向けディープテック起業家創出プログラム「D-BREAK Seed」、参加募集を開始(2024年1月31日発表)

Credit : 同社プレスリリース

リアルテックホールディングス株式会社は、株式会社リバネス、合同会社BlueSeed.(以下、ブルーシードット)が共同運営となって企画運営するMBA人材と研究シーズをマッチングするディープテック起業家創出プログラム「D-BREAK Seed(ディーブレイクシード)」の参加者募集の開始を発表した。

「D-BREAK Seed」は、世界規模の社会課題を解決するDeep Tech(ディープテック)スタートアップの創出を目指し、Deep Techスタートアップへの投資を牽引してきたリアルテックホールディングス、数多くの研究シーズの社会実装を手掛けるリバネス、そしてMBA人材の社会活躍を後押しするブルーシードットの3者の協業により実現。MBA人材と研究シーズを持つ研究者とのマッチング機会の提供から、起業家マインドの醸成から事業計画の立案、投資家へのプレゼンまでを一気通貫でサポートする。プログラム詳細については、公式サイトより確認できる。元リリースはこちら

プログラム概要

  • セミナー:2月23日
  • 募集期間:1月末~3月15日
  • 説明会:2月7日 / 2月14日 / 3月1日
  • マッチングイベント:3月30〜31日
  • 事業化推進プログラム:5月から3ヶ月間
  • コンテスト:9月1日予定
  • プログラム応募フォームこちら

「JETRO Bootcamp in Osaka/Tokyo」、米国UCバークレー校発アクセラBerkeley SkyDeck講師陣による短期集中型研修を開講(2024年1月30日発表)

Credit : 同社プレスリリース

日本におけるスタートアップエコシステム創出とイノベーション推進を行うジェトロは、米国カリフォルニア大学バークレー校から生まれた世界有数のファンドを持つBerkeley SkyDeckのメンター・講師陣を日本へ招いて、米国での事業展開を進める際の秘訣を学ぶワークショップや相談、ネットワーキングの機会を提供する「JETRO Bootcamp in Osaka/Tokyo」を開講することを発表した。

同プログラムは、昨年11月にジェトロがカリフォルニア大学バークレー校とMoUを締結後、初めて実施するもので、海外展開に意欲のある起業家や、これから起業を目指す研究者・個人を対象に、短期集中3日間の研修プログラムを東京と大阪、二つの会場で開催する。募集締め切りは2月11日(日)まで。プログラム詳細については、公式サイトより確認できる。元リリースはこちら

資金調達情報

【シード】子育てMAPアプリ「iiba(イイバ)」、East Venturesからの資金調達を実施(2024年1月30日発表)

子育て世代が外出しやすくなるような子育てMAPアプリ「iiba(イイバ)」を提供する株式会社iibaは、日本・インドネシアを中心に、東南アジアにおけるスタートアップを投資対象としたベンチャーキャピタルEast Venturesを引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施したことを発表した。

iibaは2022年に設立。「子育てをもっと楽しく、便利にする」ために、親の負担を減らし家族の笑顔の時間を増やすためのサービスとして、子育てMAPアプリ「iiba」を開発、子育て世代に必要なあらゆる情報や機能が集約されたプラットフォームを目指している。いずれは「iiba」を中心とした子育て世代向けの経済圏をつくろうとしており、今回調達した資金は、アプリの機能追加・運営、マーケティング・PR活動の強化などに充て、子連れにいい場所のさらなる普及を推進し、子育てしやすい社会の実現に向け貢献していくという。元リリースはこちら

【関連記事】

「これからの人生は社会のために使う」 iiba・逢澤奈菜氏が子育てMAPアプリを立ち上げ、社会変革を目指す理由

子育て世代の抱える課題の解決に挑むサービスは多いが、子育て世代と企業、行政までを含めた大規模な経済圏構築までを見据えたサ…

【シリーズB】スマートロッカーを展開するSPACER、6.15億円の資金調達を実施(2024年1月31日発表)

株式会社SPACERは、シリーズBで、第三者割当増資による総額6.15億円の資金調達を実施した。三井住友海上キャピタル株式会社がリード投資家となり、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、株式会社JR西日本イノベーションズ、株式会社博報堂、株式会社広島ベンチャーキャピタル、株式会社ブルーインキュベーション、りそなキャピタル株式会社の7社が引受先となった。

SPACERは、コインロッカーの常識に変化を起こすべく、「開けていない扉を開ける」をミッションに掲げ、スマートロッカー「SPACER(スペースアール)」の開発に取り組んでいる。「SPACER」は、スマホ完結のスマートロッカーで、スマートフォンアプリ上での空き状況の確認、利用予約、キャッシュレス決済ができるほか、物理的な鍵を無くして、URLでの鍵の共有を可能にした。さらに、従来のコインロッカーの用途である荷物の一時預けに加えて、荷物の受け取りや商品の発送など、さまざまな用途で活用することができる。

昨今のデリバリーやEC需要の増加による配送費の高騰や配送ドライバー不足問題のソリューションとして、鉄道事業者と協業し、「SPACER」をBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)対応マルチコンテンツオープンロッカーとしても活用しており、今後は、鉄道事業者や観光事業者との取り組みを強化していくという。また、今春には、「SPACER」を活用した新サービスの展開も予定しているとのこと。今回調達した資金は、サービス開発費および、システム開発費に充てるという。元リリースはこちら

【シリーズD】PR Table、3.5億円の資金調達を実施。累計調達額は17億円に(2024年1月31日発表)

Credit : 同社プレスリリース

採用の情報発信課題を解決するPRプラットフォーム「talentbook」を提供する株式会社PR Tableは、三井住友海上キャピタル株式会社をリード投資家として、シリーズDラウンドで3.5億円の資金調達を実施した。今回の資金調達によって、累計資金調達額(資本性ローン含む)は17億円となった。

PR Tableは、「働く人の笑顔が“連鎖する”世界をつくる」をビジョンに掲げ、企業の採用における情報発信課題を解決するPRプラットフォーム「talentbook」を通じて、これまで累計1,200社以上の大企業・成長企業の情報発信や採用広報の支援をしている。「talentbook」は、「働く人」から企業の魅力を伝える採用マーケティング支援サービスで、企業の魅力と求職者のイメージギャップを埋めるための採用戦略をプランニングし、コンテンツの企画から、つくる、届けるを通してリーチ量や滞在時間、アクションデータを蓄積し、PDCAを回しながら企業に最適化したデジタルPR施策をワンストップで提供する。

今回の調達資金は、「talentbook」のプロダクト開発と自社の採用活動に投資し、大企業の採用マーケティングを支援する組織体制をさらに強化することで、より多くの企業の採用課題解決に尽力していくという。元リリースはこちら

【関連記事】

どん底から勝ち筋を見出し、成長企業へ。PR Table共同創業者の兄弟が「talentbook」で届けたい価値とは

一つの組織を運営するということは、いつの時代も大変で、悩みが尽きないものである。特にスタートアップは、事業成長に向けてや…

【ラウンド不明】業務DXロボットのugo、8.5億円の資金調達を実施。各社と業務提携(2024年1月31日発表)

Credit : 同社プレスリリース

業務DXロボットの開発を手掛けるugo株式会社は、ビル管理や施設メンテナンス等の事業会社を含む複数の投資家を引受先とした第三者割当増資により、8.5億円の資金調達を実施したことを発表した。今回の資金調達によって、累計資金調達額は約16.5億円となった。併せて、本ラウンドに参加する事業会社およびグループ各社との協業を進めていくことに加え、株式会社ハリマビステム、星光ビル管理株式会社、TMES株式会社、みずほリース株式会社との業務提携を発表した。

ugoは警備業務や点検業務など、労働力不足が深刻化する業種に対して、ロボットを活用した業務DXソリューションを提供、オフィスビルやデータセンター、発電所などの現場で採用されている。これまで、立哨・巡回やレポート作成を中心とした警備DXソリューションと、メーター読み取りや環境センサーを組み込んだ点検DXソリューションの2つのサービスを主軸に展開してきたが、今回、施設メンテナンスの分野で数多くの実績を持つ、株式会社ハリマビステム、星光ビル管理株式会社、TMES株式会社、各社と業務提携を実現し、施設メンテナンスにおけるさまざまな業務をロボット・AI・IoTで高度化していく取り組みや、自社のRaaS(Robot as a Service)モデルのサービス拡販に向け、みずほリース株式会社と業務提携を実現した。今回の業務提携を契機に、各社とのさらなる連携を深め、ロボットの導入および業務DXソリューションの展開を加速していくという。元リリースはこちら

【ラウンド不明】店舗型モビリティビジネス・プラットフォーム「SHOP STOP」のMellow、資金調達を実施。地方における地場企業との事業提携を推進(2024年1月30日発表)

Credit : 同社プレスリリース

店舗型モビリティビジネス・プラットフォーム「SHOP STOP」を運営するMellowは、第三者割当増資により、マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社が運営するHIRAC FUNDからの資本・業務提携を実施し、さらに同社の佐藤 匠氏が社外取締役に就任したことを発表した。併せて既存株主である株式会社PKSHA Technology 三菱地所株式会社のCVC「BRICKS FUND TOKYO by Mitsubishi Estate」が株式を追加で取得したことを発表した。

Mellowは、2016年に設立。キッチンカーをはじめとした店舗型モビリティビジネス向けのプ ラットフォーム「SHOP STOP」を運営ている。今回、各株主との連携を強化し、地域に根づいたサステナブルな土地活用を加速させるほか、企業・地域・行政・事業者と連携し、店舗型モビリティ市場の創造に取り組んでいくという。元リリースはこちら

【関連記事】

今日のランチを「SHOP STOP」で検索しよう!キッチンカーで始めるミニマム・コミュニティが世界中をMellowにする日がやってくる

コロナ禍も開始から2年以上が経過し、たまの出勤が再開されている人もいるだろう。久々の外出で人の多い電車にうんざりする朝、…