JP STARTUPSJP STARTUPS日本発スタートアップを紹介、応援するメディア

The web magazine that introduces and supports
Japanese startups

創業期の社会起業家に特化した起業家育成・伴走支援プログラム「社会起業塾イニシアティブ」2022年 採択メンバー8団体が決定!

Credit:NPO法人ETIC.プレスリリース

NPO法人ETIC.(エティック、東京都渋谷区)は、NEC・花王をオフィシャル・パートナー、電通をプログラム・パートナーとして迎えた2022年度「社会起業塾イニシアティブ」において、社会変革に挑む8団体の採択が、約1ヶ月間の選考プログラムを経て決定した。

今年度は、より社会起業家の事業やリーダーシップの成長につなげるために、対面合宿やモチベーションの源泉を探るためのワークショップなどの開催と、新たな目標設定制度を導入とのこと。また、新たなメンター2名を迎え、社会起業家のサポート体制を整えているという。

  • オフィシャル・パートナー:日本電気株式会社、花王株式会社
  • プログラム・パートナー:株式会社電通         
  • 協力:IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]      

2022年度の採択起業家は、下記の通り。
海洋ごみ問題、子ども・若者を取り巻く居場所へのアプローチ、福祉業界のDX化、珈琲の生産者支援といった、あらゆる領域の社会課題に挑む起業家が採択されている。

2022年度の採択起業家一覧

【NEC社会起業塾】

【花王社会起業塾】

【特別メンバー】

※それぞれ50音順

2022年度 今後のプログラムスケジュール

【本科プログラム】

  • 9月14日(水):オリエンテーション
  • 9月21日(水)〜10月7日(金):キックオフセッション
  • 10月〜12月:実践期間
  • 12月8日(木)〜9日(金):レビューセッション
  • 12月~2月:実践期間
  • 3月8日(水)〜15日(水):ファイナルセッション

 ※10/6~7・12/8~12/9は対面合宿(東京)での研修を予定
 ※詳細スケジュールは社会起業塾イニシアティブのプログラムページを参照

編集部コメント

起業の中でも、特にソーシャルアントレプレナーシップを題材とし、大手が参画するプログラム。若い年代が社会課題のどこに注目をしているのか知ることができる。今後の潮流を知りたい方はチェックしてみては。

Ranking