• EN
  • JA

JP STARTUPSJP STARTUPS日本発スタートアップを紹介、応援するメディア

The web magazine that introduces and supports
Japanese startups

デジタルガレージがweb3で次世代のビジネスに挑戦するスタートアップを募集

株式会社デジタルガレージは、日本のスタートアップ向けアクセラレーター「Born in Japan〜事業を磨き世界へ〜」と海外スタートアップのJapan Entry「Unlock Japan〜海外から日本へ〜」の両輪をコンセプトに、未来の社会をともに創るプログラムを実施する。

本プログラムでは、国内外を代表する第一線のweb3のエキスパートが参画し、メンタリングやコミュニティを通じて、国内外のスタートアップ・プロジェクトの挑戦を支援していく。加えて、web3のグローバルインキュベーターとも提携し、「onlab web3(以下に詳細あり)」を「日本発世界のweb3グローバルエコシステム」となるよう目指す。

DGグループが有するこれらの豊富なスタートアップ支援のノウハウや、デジタル領域での事業開発の実績などを活用し、各種メンタリングや出資検討の機会を提供する予定とのこと。さらに、アメリカ、ヨーロッパ、アジアをつなぐDGのグローバルネットワーク「Global Incubation Stream」を通じ、海外スタートアップの参画や日本発のweb3スタートアップの海外進出を全力でサポートするという。

Credit:株式会社デジタルガレージ プレスリリース

選考通過者には、11月に開催予定のweb3関係者やメディアを招いたイベントでの登壇機会を提供するだけでなく、DGのグローバルネットワークを駆使したプロジェクトに必要なさまざまなアセットを準備していく。

主なメンター/アドバイザー(順不同、敬称略)

<メンター>

  • 伊藤 穰一(株式会社デジタルガレージ 取締役 兼 専務執行役員Chief Architect)
  • Yat Siu(Animoca Brands 代表取締役社長 兼 共同創業者 / Outblaze CEO 兼 共同創業者)
  • スプツニ子!(アーティスト/東京藝術大学デザイン科准教授)
  • ジェームズ 比嘉(Offline Ventures創業者 兼 マネージングパートナー)

<アドバイザー>

  • Gen Kanai(Animoca Brands ストラテジック・パートナーシップ・ディレクター)
  • 藤岡 桃子(Parasol ビジネスデベロップメントマネージャー)

◆「onlab web3」の概要

主な支援内容

  • 専門的な知識を持つメンター・アドバイザー・パートナーからのメンタリング機会の提供
  • DGのグローバルweb3コミュニティへの参加機会の提供
  • サンフランシスコDG717、東京・代官山コワーキングスペースの利用権の提供
  • 海外進出を目指す国内のスタートアップ・プロジェクトへのメディア・マーケティングやグローバルサポート展開支援
  • 投資額・調達形式等のアドバイスおよびファイナンス支援他
    ※出資をお約束するものではありません

応募対象

現時点での活動実績があり、以降も事業継続を予定しているweb3領域のプロジェクト、またはビジネスに取り組む個人・法人
※参加資格・参加条件等は、公式ウェブサイトをご覧ください。

スケジュール(予定)

  • 応募受付期間:2022年9月8日(木)〜10月3日(月)
  • 応募締切:2022年10月3日(月)正午
  • 一次審査(オンライン面談):9月下旬〜10月下旬 ※書類審査通過者のみ
  • 一次審査選考会/一次通過者決定:10月中旬
  • 二次審査(メンタリング):9月中旬〜10月下旬
  • 最終選考会 プレゼンテーション/受賞式:11月上旬

プログラム詳細・エントリーフォームは以下の公式ウェブサイトをご覧ください。
https://onlab.jp/web3/

本件の元リリースはこちら

編集部コメント

話題のWeb3に特化したアクセラレータ。著名有識者陣をメンターに迎えた豪華プログラムとなる。香港を拠点とするAnimocaはすでに150以上のWeb3企業向け投資を実施しており、的確な指南が期待できそうだ。

Ranking