• EN
  • JA

JP STARTUPSJP STARTUPS日本発スタートアップを紹介、応援するメディア

The web magazine that introduces and supports
Japanese startups

コーディング試験の「HireRoo」がVCプランの対象先を9社追加

NEWS#NEWS

株式会社ハイヤールーは、コーディング試験サービス『HireRoo(ハイヤールー)』のベンチャーキャピタル投資先スタートアップ向け「VC連携プラン」について、第2弾として新たに9社と連携した。
対象先は以下の通り。

  • Angel Bridge
  • DEEPCORE
  • Gazelle Capital
  • mint
  • PKSHA CAPITAL
  • サムライインキュベート
  • Skyland Ventures
  • THE SEED
  • 大和企業投資

『HireRoo(ハイヤールー)』は、エンジニア採用時のコーディング試験サービスであり、AIによる自動採点や回答過程を動画で再生できるプレイバック機能などで候補者のスキルを可視化し、採用ミスマッチを防ぐ。問題はアルゴリズムを問うものから選択式の知識問題、システムデザイン形式まで幅広い設問から選択可能。試験作成のコストを大幅に削減するだけでなく、求めるエンジニア層や測りたいスキルに適した試験を作成可能という。

◆VC連携プラン概要

名称:HireRoo VC連携プラン

提供内容

  1. 初年度のHireRoo利用料金半額
  2. 弊社からのエンジニア採用サポート(採用すべきエンジニア人材の定義、コーディング試験を取り入れた採用プロセス提案、試験問題・評価方法の選定など)

対象

  • HireRooが連携しているVCから出資を受けている未上場企業
  • HireRoo有料版の利用実績がない企業

◆申し込み方法

  1. VC連携プラン専用ページ(https://hireroo.io/vcplan)にアクセス
  2. 問い合わせフォームに基本情報と提携先VC名を入れて送信
  3. 同社担当者より連絡

本件の元リリースはこちら

編集部コメント

エンジニア採用時に取り入れられることが一般化してきたコーディングテスト。特定のVCから調達を受けているスタートアップであれば初年度半額ということで、導入を検討している企業は試してみては。

Ranking